カサイユウBlog

ゆるめに生きてる元風俗嬢ライター。

たまらないのはラルクでした

「たまらない」という表現が好きです。

「どうにも衝動をおさえきれない!」「胸がはちきれそう!」「qwせdrftgyふじこlp;@:「」」というような人間らしい感情って、いつでも目を引くものだから。

この数年で人生を左右するレベルの出来事がいくつか起きていて(去年の妊娠出産もそうだけど、それ以外にもいろいろ)、大切に育てていきたかった「いくつかの社会」をひとつずつ切り離してきているのですが、そんな生活だもんで当然、人生における波風が減ってきています。ゆえに感情がたかぶるような瞬間が、確実に減っているんですね。未来があるものや守るものと引き換えに、刹那的なものを手放している、だいたいそんなイメージです。

この数年、特にこの5年ぐらいで、私はすごく鈍感になってきている。鈍感さって幸せに生きるためには大切なことで、それを「つまらない」と表現する人もいるかもしれない。いまの私は、すごく鈍感だ。

それでも琴線に触れるものって、きっとめちゃくちゃ強いよね。まれにそういうものを見つけることがあるから、それを「たまらないもの」と呼ぶことにしました。

中学生ぐらいのとき、およそ20年前だろうか。女子たちのあいだで「ラルクとグレイ、どっち派?」というフレーズが流行りました。うちの地元のみならず、全国的に流行ったとの噂を聞いています。どちらかの肩を持とうとすると、もう一方に対して何だか不義理をしているような気分になったものです。そんなわけないのに!

私はどちらも好きだけど、強いて言えばラルク寄りな中学生でした。いちばん好きな曲は「Lies and Truth」。もちろんPVも込みで好き。あの不思議な異世界感にひたすら憧れて、いまでは感覚頼りで生きている大人になりました。

youtu.be

いまでもこの曲のPVを観ると、うっかりなことに胸がキュンキュンするんです。これは私の人生における、宝物のひとつだ。

はー、たまらない。

2017年をゆるっとまとめ

今年もこそこそっと、ちょっとエッチな大人向け記事を寄稿しておりました。

ライター業は出産前からすこしお休みしていましたが、体と生活が落ち着いてきたので、ぼちぼち再開します。来年もエロいこといっぱいかくぞ。チ○コとかマ○コとか、いっぱい言っちゃうぞ。

出産前後のスケジュール調整にこころよく応じてくださった媒体さま、また継続させてくださった媒体さま、誠にありがとうございました。

記事への反応について

私は名もさほど知られていない、ネットの片隅でこっそり生きているアダルトライターですので、まれに目にする記事への反応はとても嬉しいです。特に記憶に残っているのは、"大人の社交場"の記事を読んでくださった方からの「記事を読んでデビューしちゃいました」というツイート。僭越ながら、私が記事を書いたことで誰かの「楽しいこと」が広がったのだとしたら、そりゃもう冥利に尽きるというものです。

"はじめての大人の社交場"エピソード募集について

夏ごろにTwitter告知をした「はじめての大人の社交場・エピソード募集」には、貴重なお話をお寄せいただきました。エピソード応募してくださった皆さま、誠にありがとうございました! こういう記事になりました。

なお"はじめての大人の社交場エピソード"は随時募集しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。「行ったことはあるけど、話にインパクトがないからやめとこ……」だなんて、どうか思わないでいただきたいのです。ぜひ聞かせてください。

"東スポ裏通りWEB"では新作AVレビューを、"週刊実話ザ・タブー"では風俗嬢の裏話を……と、ライター業はこんな感じであいかわらず、ゆるゆるっと仕事させていただいています。男性向けがほとんどですね。来年は、というわけではないのですが、新たに女性向け記事にもトライしたいなと思うこのごろです。

盆暮れ正月的なプライベートでした

プライベートは激動の1年でした。なにせ結婚と妊娠、そして出産がごそっとやってきたのですから。妊娠中は心身の不調に悩まされましたが、大きなトラブルなく出産できたこと、元気なむすめが産まれたこと、そしていま家庭を築いていることを、とても幸せに感じています。

来年の目標は「世間に翻弄されず、自分もまわりもハッピーになれることをするぞ」あたりだろうか。今年とあんまり変わらないな。あと納期守るぞ。

ともあれ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

【熱烈募集中】現役風俗嬢・元風俗嬢の方、取材させてください!

 

f:id:kasaiyu_ir:20171221154326j:plain f:id:kasaiyu_ir:20171221154330j:plain

【募集について】
・現役風俗嬢の方
・元風俗嬢の方
業態やジャンル、ご年齢やご経験年数は問いません。

【取材場所について】
都内近郊に限り、ご希望の場所へお伺いします。
特にご指定がなければ新宿近辺で行なう予定です。

【取材って何するの?】
お聞きしたいことがたくさんあります。
質問を持って行くので、ひとつずつ答えていただけたらと思います。
悩みや愚痴、風俗嬢になったきっかけ、これからのこと……などなど、話したいことがあればぜひ聞かせてください。
なお資料として録音をさせていただきますが、音源をそのまま公開することはありません。
お茶代と交通費は、こちらで負担いたします。

【ご応募・お問い合わせ先】
何らかの方法で、ご連絡先をそえてお声がけください。
確認でき次第、返信させていただきます。
ご質問のみでも、もちろん結構です。
・ブログ記事へのコメント
カサイユウTwitter宛にDMまたはリプライ 
・メール(記事上部の画像をご参照ください) など

【カサイユウについて】
20歳~28歳ぐらいまで、ゆるっと風俗嬢をしていました。
いまはアダルトライターをしています。
コーヒーとビールがあれば、そこそこご機嫌でいられる33歳です。
今年むすめが産まれました。

母という生き物って存在しないよね

わたしはとても無邪気で、目で見たものをそのまま信じていて、より深くを掘り下げようとしない子どもだった。母は母で、先生は先生、そして芸能人はテレビの中の生き物。 そう認識して疑わず、その奥に人格があるだなんて、思いもしなかったのだ。

続きを読む

産後10日と清浄綿

妊娠で特につらいのは陣痛から出産までで、産後はすぐ日常生活を送れるものかと思ってました。しかし産後に待っていたのは、膣血腫と会陰切開によるひどい痛み。産後10日間は「何ひとつ、ままならん!」という感じだったので、書き留めをば。

続きを読む

穏やかな出産予定日

本日、出産予定日。 初産は遅れるというけれど、私もそのパターンなのかもしれない。

「子宮の中で、何かトラブルかしら?」「このまま生まれてこないとか、そういうのはないっすよね?」リアルからファンタジーまで、事実からいささか距離のあることを考え始めるときりがない。いまだ不透明な"出産シーン"を想像すると、不安と緊張でどうにかなってしまいそうで、つい二日前には「頭がどうにかなりそうダンス」なるものを考案してしまった。ついでに軽く踊ったら、ちょっと気が紛れたような、そうでもないような。

続きを読む

今月の読了①「職業、ブックライター。」「熟年売春」「女子と出産」

ぼちぼち、臨月だそうです。はやーい。

今の状態ではジョギングさえできないし、もちろん酒も飲めない。趣味と呼べるようなものもなく、かと言って家事で埋めるだけの生活はあまりに味気なさすぎる。

……というわけで、目についた本を片っ端から読みあさっている昨今です。ひさしぶりに足を運んだけれど、やっぱり図書館っていいすね。

続きを読む